12月米住宅着工件数:12.1%増の95.4万戸、許可件数ほぼ横ばい

昨年12月の米住宅着工件数は予想を 大幅に上回る伸びだった。年間でも2008年の水準まで回復した。

米商務省が17日発表した12月の住宅着工件数(季節調整済み、年率 換算)は前月比12.1%増の95万4000戸と、2008年6月以来で最大。ブル ームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想のすべてを上回っ た。中央値は89万戸への増加だった。前月は85万1000戸と、速報値の86 万1000戸から下方修正された。

4キャストのシニアエコノミスト、デービッド・スローン氏は「住 宅市場まずまずの回復局面にある」と述べた上で、「回復の勢いはまだ 継続している」と続けた。

年間では78万戸と、前年の60万8800戸から増加した。前年比での伸 びは28.1%と、1983年以来の大幅な伸びだが、住宅市場のピークだっ た2005年の207万戸には遠く及ばない。2000年から2004年までの平均値 は174万戸だった。

先行指標となる住宅着工許可件数は12月に前月比0.3%増の年率90 万3000戸、市場予想の90万5000戸とほぼ一致した。前月は90万戸だっ た。

一戸建て住宅の着工件数は8.1%増の年率61万6000戸。集合住宅の 着工は20.3%増加して33万8000戸だった。

着工件数は全米4地域すべてで増加した。特に中西部では24.7%と 大幅に増加した。

い。

原題:Housing Starts in U.S. Jumped in December to Four-Year High (2)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE