ユーロ圏:プラス成長回復は次四半期に、伊・仏が重し-調査

ユーロ圏経済がプラス成長を取り戻 すのは次四半期になりそうだ。イタリアとフランスの回復が遅れ、重し になる見込みだ。ブルームバーグ・ニュースがまとめた月次エコノミス ト調査が示した。

調査によると、ユーロ圏経済は1-3月(第1四半期)がゼロ成長 となり、4-6月(第2四半期)と7-9月(第3四半期)がそれぞ れ0.1%と0.2%のプラス成長となる見込み。2012年通年は恐らく0.4% のマイナス成長になったとみられる。

イタリアは今四半期0.3%、4-6月は0.1%のマイナス成長が続く 見込み。フランスの成長率はマイナス0.3%と見積もられる昨年10-12 月(第4四半期)の後、今四半期はマイナス0.1%となりリセッション (景気後退)入りが予想される。

原題:Euro Area Seen Stalling as Economists Share Draghi Pessimism (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE