欧州航空安全庁、「787」運航停止の米当局命令受け入れ

欧州航空安全庁(EASA)は、米 ボーイングの最新鋭旅客機「787」に対する米連邦航空局(FAA)の 運航停止命令を受け入れたことを明らかにした。

EASAのドミニク・フォウダ報道官は電話取材に対し、「787」 でのリチウムイオン電池が関与した出火に伴うFAAの調査への参加を めぐりEASAも協議をしていると述べた。

原題:European Safety Regulator Adopts FAA Directive Grounding 787(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE