中国株(終了):上海総合指数、続落-工業株などが安い

中国株式市場では、上海総合指数が 続落。金融や工業関連株を中心に値下がりした。バリュエーション(株 価評価)が昨年5月以来の高水準に達したことが背景にある。18日には 国内総生産(GDP)や工業生産などの経済指標の発表を控えている。

産業機器メーカーの北方導航控制技術(600435 CH)は10%の値幅 制限いっぱい下落。前日までの8営業日で64%上昇していた。中国の保 険最大手、中国人寿保険(601628 CH)は年初来安値を付けた。クレデ ィ・スイス・グループによる投資判断引き下げが響いた。資産規模で中 国最大の建設会社、中国中鉄(601390 CH)は1.8%安。中国工商銀行 (601398 CH)や中信証券(CITIC証券、600030 CH)も安い。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比24.59ポイント(1.1%)安の2284.91で終 了。上海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は同0.9%安 の2552.76。

中原証券の張剛ストラテジスト(上海在勤)は「投資家は若干の利 益確定売りを出す口実を探しているだけだ」と指摘。上海総合指数は 「それほど大きくは下がらないだろう」との見方を示した。

原題:China’s Stocks Fall for Second Day, Led by Industrial Companies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE