中国株の上昇局面終わりでない、押し目買いを-交通銀の洪氏

中国株の上昇局面は終わっておら ず、投資家は「押し目買い」を入れるべきだと、交通銀行の中国ストラ テジスト、洪灝氏(香港在勤)が指摘した。

洪氏は17日付の資料で、「短期的に見て株は買われ過ぎというのが 市場のコンセンサスで、次の値上がり前には調整を見込んでいる」が、 「この調整は決して上昇局面の終わりではない」と述べた。

上海総合指数は過去2日値下がりしているものの、昨年12月3日以 降最大19%上昇した。これは景気回復の兆候が見られたほか、都市化に よって需要が高まるとの思惑から工業関連銘柄が買われたため。洪氏は 同指数について、セメントや不動産など循環株の上昇によって4月ない し5月にかけてさらに押し上げられようとの見方を示した。ただ、年末 までに上昇率は10%程度にまで縮む可能性があるという。

原題:Investors Should Buy China Stocks as Rally Isn’t Over, Hong Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE