「グローバリズム疲れ」の中で23日からダボス会議始まる

スイスのスキーリゾート地、ダボス で来週開催される世界経済フォーラム(WEF)年次総会には、冒頭で スピーチするロシアのメドベージェフ首相のほか、ドラギ欧州中央銀行 (ECB)総裁ら政府・政策当局要人、企業幹部が世界各国から集ま る。

メドベージェフ首相の基調演説後に始まるのが、安定成長をいかに して生み出すかをめぐるパネルディスカッションだ。ラガルド国際通貨 基金(IMF)専務理事やUBSのアクセル・ウェーバー会長らがパネ リストとして議論を戦わす。WEFが16日、記者団に説明した。ダボス 会議では、逆境の克服と社会的復元力の強化などについても話し合われ る。

WEFを創設したクラウス・シュワブ氏は、「今はグローバリズム 疲れがある。反動さえも見受けられる。世界経済の将来はリーダーへの 信頼回復が基盤となる」と述べた。

ドイツのメルケル首相やキャメロン英首相ら世界各国の首脳約50人 も23日から5日間の日程で始まるこの会議に参加する。アカデミー主演 女優賞を受賞したシャーリーズ・セロンさんのほか、ゴールドマン・サ ックス・グループのロイド・ブランクファイン最高経営責任者 (CEO)やJPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEO ら1500人余りの企業幹部も出席する予定だ。

原題:Medvedev to Open Davos as Leaders Discuss Boosting Growth (1)(抜粋)

--取材協力:John Fraher.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE