米HP、資産売却めぐりから投資銀行から打診受ける-関係者

米ヒューレット・パッカード (HP)が資産売却について投資銀行から打診を受けていることが、事 情に詳しい関係者の話で分かった。ただ、同社は現時点で資産売却を検 討していないという。

HPが目標を達成できない事業の整理を検討する方針を示した資料 を昨年後半に提出してから、同社への問い合わせが増えている。こうし た打診は非公開だとして関係者が匿名で語った。米紙ウォールストリー ト・ジャーナル(WSJ)は16日、HP傘下の英ソフトウエアメーカ ー、オートノミーと米エレクトロニック・データ・システムズ (EDS)に関心が寄せられていると先に報じた。

メグ・ホイットマン最高経営責任者(CEO)の下でHPはEDS ののれん代と2011年の買収前に行われたオートノミーの不正会計問題に 絡んで減損処理を実施している。

16日のニューヨーク株式市場で、HPの株価は前日比4.1%高 の17.21ドルで終了。WSJの報道を受け、一時は4.8%高となった。

HPの広報担当者マイケル・サッカー氏はコメントを控えた。

原題:Hewlett-Packard Said to Have Received Approaches on Asset Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE