【海外アラカルト】オノ・ヨーコさんが水圧破砕反対ツアー

通り。

天然ガス掘削の水圧破砕に反対する元ビートルズのメンバーだった 故ジョン・レノン氏の夫人、オノ・ヨーコ氏は17日、息子のショーン・ レノン氏と共にマスコミ関係者を連れてペンシルベニア州へのツアーを 計画している。水圧破砕によって飲料水が汚染されたとする同州の住民 を訪れるためだ。これに対し掘削業者はプロセスは安全であるとし、地 主らのグループも酪農家や中小企業にとって景気回復のエンジンだと推 進を訴える。ニューヨーク州のクオモ知事はこの手法による州内の天然 ガス開発計画を認めるかどうかの判断を2月27日までに下す必要があ り、賛成、反対両派ともに最後のキャンペーンに力を入れている。(17 日)Yoko on Anti-Fracking Bus to Pennsylvania Ahead of Cuomo Ruling

米大リーグのニューヨーク・ヤンキースは、三塁手のアレックス・ ロドリゲス(37)が16日に左股関節の手術を受けたとウェブサイトで発 表した。17日にも退院する見通しだが、リハビリに6カ月を要するとい い、戦列復帰はシーズン後半となりそうだ。(17日)Yankees’ Rodriguez Has Surgery on Hip, Jeter Ready for Opener

ホワイトハウスは16日、オバマ大統領を「特権階級の偽善者」とし た全米ライフル協会(NRA)の広告について「不快で卑劣だ」と非難 した。大統領はこの日、コネティカット州の小学校で起きた銃乱射事件 を受けて、大統領令を盛り込んだ銃規制強化策を発表した。これに対し NRAは、大統領の子供は武装したシークレットサービスに守られてい ると批判。カーニー大統領報道官は「大統領の子供を政争の人質に使う べきではないというのが、大半の米国人の一致した考えだ」と指摘し た。(16日)White House Scolds NRA for Ad Calling Obama Hypocrite on Guns (1)

テニス4大大会の1つ、全豪オープンの会場では、17日の気温が40 度近くまで上昇するとみられている。選手たちは暑さの中で熱い戦いを 繰り広げることになるが、汗まみれで奮闘するのは選手だけではない。 大会の気象予報担当者や医療担当責任者も今年最初のメジャー大会で選 手とファンの体調管理に力を合わせている。開催地メルボルンの気候は 気まぐれで、地元では「1日の中に四季がある」と言われるだけに、主 催者側は気温の変化などを見極めながら入念な準備を進める。(17 日)Australian Open Heat Puts Weatherman, Chief Medic at Forefront

米大手企業の最高経営責任者(CEO)が参加する経営者団体ビジ ネス・ラウンドテーブル(BRT)は、社会保障とメディケア(高齢者 向け医療保険制度)について、社会保障税の対象となる所得への税率を 上げずに受給資格年齢を引き上げることによって制度を強化することを 提言した。社会保障については、年金支給開始年齢を67歳から70歳へ段 階的に引き上げることや、比較的裕福な人には支給を減らすなどの案を 示している。(16日)Business Groups Propose Raising Age for Entitlement Benefits(抜粋)

カジノ産業が伸びている米ペンシルベニア州では、年間のカジノ収 入が昨年ニュージャージー州を上回り、ネバダ州に次いで全米2位に浮 上した。ペンシルベニア州のカジノの総収入は4.4%増の31億6000万ド ル(約2800億円)。ニュージャージー州は今月10日、アトランティック シティーのカジノ収入が8%減の30億5000万ドルだったと報告してい た。(16日)Pennsylvania Passes N.J. to Become No. 2 U.S. Casino Hub (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE