米原油生産、20年ぶり高水準-エネルギーの自立へ移行加速

米国の週間ベースでの原油生産が20 年ぶりの高水準に増加した。水圧破砕など掘削技術の改善によって全米 各地で探鉱が進み、エネルギー自立への移行が加速している。

米エネルギー情報局(EIA)が16日発表したリポートによると、 同国の原油生産は11日終了週に0.6%増の日量704万バレルと、1993年1 月以来の高水準に達した。EIAのデータによれば、昨年1-9月の米 国のエネルギー自給率は83%。年間ベースで1991年以来の高水準となる 可能性がある。

マニュライフ・アセット・マネジメント(ボストン)のシニアマネ ジングディレクター、チップ・ホッジ氏は「米国の生産は伸び続けるだ ろう。非常に素晴らしいことだ」と指摘。「貿易収支が改善するので景 気に対して大きな影響を及ぼしそうだ。相乗効果が期待できる」と述べ た。

原題:U.S. Oil Output Advances to 20-Year High With Fracking Boost (3)(抜粋)

--取材協力:Asjylyn Loder.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE