政府:アルジェリアの拘束邦人救出へ、あらゆる対策-米とも連携

政府は17日午前、アルジェリアで発 生した武装組織による外国人拘束事件への対応を協議するための対策本 部を開き、邦人救出に向け、あらゆる対策を講じる方針を確認した。菅 義偉官房長官が同日昼の記者会見で明らかにした。米国など関係国とも 連携して対応する。

菅氏は会見で、事件について「極めて憂慮しており、断じて許すこ とはできない」と指摘。東南アジア訪問中の安倍晋三首相から電話で、 複数の国々の人々を人質にした国際的な連携が求められる事件であり、 政府が一丸となって取り組むよう指示を受けた、と述べた。

菅氏によると、政府としては城内実外務政務官が17日中にもアルジ ェリア入りする予定。岸田文雄外相も18日に訪米し、米側と事件への対 応を協議する見通しだという。

これに先立ち、岸田氏はアルジェリアのメデルチ外相と電話会談 し、人質の人命を最優先に対応するよう要請した。これに対し、メデル チ外相は最大限の配慮をする、と述べたという。記者会見の内容は外務 省がウェブサイトで公表した。

また、菅氏は16日夜の会見で、拘束された邦人は日揮の関係者であ ることを認めた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE