NY外為:ユーロが上昇、スペイン入札で-円は対ドル大幅安

17日のニューヨーク外国為替市場で はユーロが対ドルで10カ月ぶり高値に迫った。スペインが実施した国債 入札(計45億ユーロ)で落札利回りが前回から低下。欧州債市場への信 頼感が向上した。

ユーロは主要16通貨のすべてに対して上昇。一方、円は対ドル で2010年以来の安値に下げた。日本銀行が21、22日に開く金融政策決定 会合で追加緩和を実施する方針を固めたと、日本経済新聞が伝えたこと が手掛かりだった。スイス・フランは対ユーロで下落。スイス国立銀行 (中央銀行)が2011年9月、フランに1ユーロ=1.20フランの上限を設 けて以来の安値を付けた。

ファロス・トレーディング(コネティカット州スタンフォード)の 調査責任者、ダン・ドロー氏は、「入札結果が良好だったことを見る と、ユーロ圏のテールリスクは軽減したようだ。市場への信頼感が高ま った」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.7%上昇して 1ユーロ=1.3376ドル。14日には1.3404ドルと、昨年2月29日以来の高 値をつけた。ユーロは対円では2.4%上昇して1ユーロ=120円21銭。一 時は2011年5月4日以来高値の120円61銭をつけた。円は対ドルで は1.7%安の1ドル=89円88銭。一時は2010年6月23日以来の安値とな る90円13銭まで売り込まれた。

ボラティリティ指数

主要7カ国(G7)通貨の3カ月物オプションのインプライド・ボ ラティリティ(IV、予想変動率)を示すJPモルガン・チェースの指 数は8.97%と、昨年8月31日以来の最高に上昇、200日移動平均 の8.74%を上回った。昨年12月18日には7.06%と、2007年8月以来の低 水準まで下げていた。

スイス・フランは主要16通貨の大半に対して下落した。欧州債務危 機が収束しつつあるとの観測を背景に、フランの逃避需要が減退した。 この日のフランは対ユーロで最大1%安。

マネックス・ヨーロッパの為替市場アナリスト、イームア・デイリ ー氏は、「投資家はリスク資産に戻りつつある」と述べ、「投資家はリ スクを非常に恐れ、かなり流動性の高い資産としてスイス・フランを保 有していた。その不安も今は和らいだ」と指摘した。

スペイン入札

スペイン政府は17日に国債入札を実施し、2015年償還の国債24 億900万ユーロ相当を発行した。15年償還債の平均落札利回り は2.713%。昨年12月の前回入札時は3.358%だった。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よるとユーロは過去3カ月間で2.5%上昇。ドルは0.1%下落、円は13% 下落した。

この日の円は反落。日銀は政策会合でインフレ目標について協議す る。

クレディ・スイス・グループのテクニカルアナリスト、シリン・ベ イン氏(ロンドン在勤)によると、円は今週、対ドルで1ドル=87円80 銭に上値抵抗線を見いだしたため、今後一段と下げる可能性がある。同 氏はこの日付の顧客リポートで、円は下値支持線の89円67銭を抜け て、90円84銭まで下げる可能性があると指摘した。

原題:Euro Strengthens as Spain’s Borrowing Costs Decline; Yen Slides(抜粋)

--取材協力:Emma Charlton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE