ブラジル株:ボベスパ指数は上昇-消費関連株に買い

16日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が上昇。資源関連株は売られたが、消費関連株が買われ た。

オンライン小売りのB2Wコンパニア・グローバル・ド・バレジョ は4%高と、内需関連株の上げを主導。ブラジル中央銀行が16日発表し た昨年11月の経済活動指数がアナリストの予想を上回る伸びとなったこ とが好感された。酒造会社アンベブ(コンパニア・デ・ベビダス・ダ ス・アメリカス)は2%値上がりし、過去最高値を付けた。一方、鉄鋼 メーカーのウジミナスは金属相場安を背景に1%値下がりし、続落し た。

ボベスパ指数は前日比0.1%高の61787.35で終了。指数構成銘柄の うち上昇が35銘柄、下落は29銘柄。通貨レアルは0.3%安の1ドル =2.0424レアル。ブラジル中央銀行は16日の金融政策委員会で、政策金 利を過去最低の7.25%に維持することを決定した。取引終了後に発表し た。

ブラジルHSBC銀行の株式トレーダー、エルトン・マルケス氏 は、取引終盤の上昇について「ブラジル中銀の発表を控えて、ポジショ ンを形成する動きが見られたのが背景にあるようだ」と指摘。「ボベス パ指数は日中の大半を通じて下げていた」と述べた。

原題:Bovespa Rises as Consumer Stock Gains Outweigh Producer Declines(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE