米財務省:GM株売却でシティグループとJPモルガンを起用

米財務省は16日、米自動車最大手ゼ ネラル・モーターズ(GM)の株式売却でシティグループとJPモルガ ン・チェースを起用したと発表した。米政府はGMに対し2009年から総 額500億ドル(約4兆4300億円)の救済措置を講じたが、現在は保有す るGM株の放出を目指している。

財務省はウェブサイトに掲載した発表資料で2行の起用を発表し た。同省は昨年12月に55億ドルでGMに同社株2億株を売却し、現在の 持ち分は約3億株。12月の時点で同省は、GMの発行済み株式の19%に 相当する残りの保有株全てを15カ月以内に放出する計画で、早ければ13 年1月に売却を開始すると表明していた。

政府の株式保有が株価に及ぼす悪影響を嫌気していたGM株主にと って、今度のGM株売却は安心材料となる。12月の売却発表前の段階で は、GMの株価は10年11月の新規株式公開(IPO)価格から23%下げ ていた。ただこの1年間では21%上昇している。

財務省の資料によると、両行が受け取る手数料は1株につき1セン ト。

原題:Treasury Picks Citigroup, JPMorgan to Manage GM Share Sale (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE