NY外為:円続伸、急ピッチな下げに「通貨戦争」との批判

16日のニューヨーク外国為替市場で は円が対ドルで続伸。円が過去1カ月で5.5%下落したことを受けて、 最近の為替変動は行き過ぎだとの当局者発言が各国から相次いだ。

リスク志向の改善と株が下げを埋めるのに伴い、円は伸び悩んだ。 ロシア中央銀行が世界の主要国・地域は「通貨戦争」の瀬戸際にあると 警告したことを受けて、ボラティリティーを示す指数は4カ月ぶり高水 準に上げた。

みずほフィナンシャル・グループの法人外国為替セールスバイスプ レジデント、ファビアン・エリアソン氏(ニューヨーク在勤)は「円相 場を1ドル=90円超に下げるような次のニュースが待たれている」と述 べ、「2%のインフレ目標やこれまでの介入の多くはすでに相場に織り 込まれている」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで0.5%上昇して1ド ル=88円38銭。前日は0.8%上昇した。この日は一時1.1%高まで上昇す る場面もあった。円は今月14日には2010年6月以来の安値となる1ドル =89円67銭まで下げた。この日の円は対ユーロでは0.6%高の1ユーロ =117円45銭。

ユーロは対ドルで0.1%下げて1ユーロ=1.3289ドル。14日に は1.3404ドルと、昨年2月29日以来の高値をつけた。

ボラティリティが上昇

主要7カ国(G7)通貨の3カ月物オプションのインプライド・ボ ラティリティ(IV、予想変動率)を示すJPモルガン・チェースの指 数は8.53%と、昨年9月6日以来の最高に上昇した。昨年12月18日に は7.06%と、2007年8月以来の低水準まで下げていた。

英ポンドは対ドルで4日続落と、昨年11月以来で最長の連続安だ。 対ユーロでも安い。世界銀行は2013年の世界成長見通しを下方修正し た。ポンドは対ドルで0.4%安、対ユーロでは0.2%下落した。

世銀は緊縮策や高い失業率、企業景況感の低迷などが先進国経済の 重しとなっていると指摘した。今年の世界経済成長率予想は2.4%。6 月時点の予想の3%から下方修正された。12年の成長率は2.3%だっ た。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると円は過去1か月間で5.5%下落。ドルは0.2%上昇、ユーロ は1.2%上昇した。

ロシア中銀のウリュカエフ筆頭副総裁は16日、モスクワでの会議で 「日本は円相場を押し下げている。他の諸国も追随する可能性がある」 と語った。

日本銀行は21-22日に開く政策会合でインフレ目標について協議す る。

ベージュブック

午後に入り、米連邦準備制度理事会(FRB)が地区連銀経済報告 (ベージュブック)を発表した後もドルは対円で軟調を維持した。ベー ジュブックによると、米経済はここ1カ月、自動車や住宅の販売が寄与 し大半の地域で成長が上向いた。一方、雇用の見通しについては改善の 兆候はほとんど見られなかった。

今回のベージュブックは、今月29-30日に開催される連邦公開市場 委員会(FOMC)での協議の土台となる。一部金融当局者の間では、 量的緩和策として講じている月間850億ドル相当の債券購入を継続する 必要があるとの意見があり、ベージュブックの内容はその意見を後押し する可能性がある。

原題:Yen Advances Amid Global Currency-War Rhetoric; Rand Strengthens(抜粋)

--取材協力:Emma Charlton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE