ボーイング787の相次ぐトラブル、米が日本に調査官を派遣

米当局から安全性について既に特別 調査を受けている米ボーイングの最新鋭旅客機「787」(ドリームラ イナー)が新たな調査に直面している。全日本空輸の同型機が緊急着陸 したのを受け、同社と日本航空は少なくとも2日間、世界のドリームラ イナーのほぼ半分の運航中止を決めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。