ロンドン鯨の損失、問題無い状況に近づいた-ダイモンCEO

米銀JPモルガン・チェースのジェ イミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は16日、いわゆるロンドン の鯨の信用デリバティブ(金融派生商品)取引による損失について、同 行にとって「問題視するほどではない」状況に近づいたと述べた。

同CEOは報道関係者との電話会議で、「この問題の終わりに近づ いている」と述べた。2012年1-9月に62億ドル(約5500億円)余りだ った損失について、10-12月は「若干」にとどまったと説明、ポジショ ンによる正確な影響については公表しなかった。

ダイモンCEOは、今後は損失額を公表しないと述べ、その理由と して、大きな額ではないためだと付け加えた。

16日の米株式市場で、JPモルガンは前日比47セント(1.01%)高 の46.82ドルで終えた。

原題:Dimon Says Whale Loss Is Very Close to Being a ‘Non-Issue’ (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE