USバンコープ:10-12月は5.2%増益-通期は過去最高の利益

米地銀最大手USバンコープの2012 年10-12月(第4四半期)決算は、利益が前年同期比で5.2%増え、市 場予想と一致した。貸倒引当金が減少した。

16日の同行発表によると、純利益は14億2000万ドル(約1260億円、 1株当たり72セント)と、前年同期の13億5000万ドル(同69セント)か ら増加。住宅差し押さえ関連の和解に関する費用を除いたベースでの1 株利益は75セントと、ブルームバーグがまとめたアナリスト29人の予想 平均と一致した。通期利益は前年比16%増の56億5000万ドル(1株当た り2.84ドル)と、過去最高になった。

第4四半期の貸倒引当金は4億4300万ドルと、前年同期から11%減 少。純収入は0.2%増の51億1000万ドルとなった。通期では6.2%増 の203億ドル。

原題:U.S. Bancorp Profit Rises 5.2% on Lower Loan-Loss Provisions (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE