アルカイダ系がアルジェリアのガス施設襲撃-日本人も人質に

国際テロ組織アルカイダ系の武装組 織は16日、アルジェリア南部にある英BPなどが運営する天然ガス関連 施設を夜明け前に襲撃し、米国人やノルウェー人、英国人らを拘束し た。

国営アルジェリア通信(APS)によると、武装勢力はアルジェリ ア人を解放した後、外国人20人余りを人質に取った。NHKによれば、 拘束された外国人うちの少なくとも数人はプラント大手の日揮の関係者 で、日揮は状況の把握に努めているという。

内務省はAPSに対し、重武装した勢力が首都アルジェから南東に 約1300キロメートル離れたイナメナス近郊にある従業員居住区に3台の 自動車で乗りつけて外国人労働者を乗せたバス1台を襲撃、武装警備員 らとの交戦中に居住区に入りアルジェリア人や外国人を人質にしたと説 明した。APSによると、この襲撃で英国人1人が殺害され、6人が負 傷した。

ウルドカブリア内相は国営テレビで、アルジェリア当局は外国人を 人質に取ったテロリストと交渉するつもりはないと語った。

ノルウェーのストルテンベルグ首相は会見で、人質には13人のノル ウェー人が含まれていることを明らかにするとともに、状況は「極めて 深刻だ」と述べた。英キャメロン首相のグレイ報道官によれば、人質の 英国人は数人という。

また、米国務省のヌーランド報道官は、人質に米国人が含まれてい ると語ったが、安全上の問題を考慮して人数については特定しなかっ た。モーリタニアのANI通信は米国人人質の人数を7人としている。 ヌーランド報道官によれば、クリントン国務長官は16日、アルジェリア のセラル首相と状況について協議した。

ANIによれば、アルジェリアのアルカイダ系武装勢力は、隣国マ リにおけるフランスの軍事行動を支持した国に対する報復を目的にモク タール・ベラワル氏が組織した。フランスがマリのイスラム過激派を最 初に空爆してから3日後の14日にアルジェリアとマリの国境が封鎖され た。

原題:Al-Qaeda Says Foreign Hostages Held After Algerian Attack (2)(抜粋)

--取材協力:Brian Swint、Salah Slimani、Gregory Viscusi、Mark Deen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE