米NAHB住宅市場指数:1月は47で変わらず、見通しは低下

米建設業者の景況感を示す1月の住 宅市場指数は前月比変わらずで、約6年ぶりの水準を維持した。

全米ホームビルダー協会(NAHB)とウェルズ・ファーゴが発表 した1月の米住宅市場指数は前月と同じ47で、2006年4月以来の最高だ った。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値 は48だった。同指数で50を下回ると住宅建設業者の多くが現況を「悪 い」とみていることを示す。2006年4月を最後にこれまで同指数が50を 上回ったことはない。

NAHBの主任エコノミスト、デービッド・クロウ氏はこの日の発 表資料で、「ファンダメンタルズは今年も住宅市場には勢いが見られる ことを示唆している」と述べた上で、「しかし変わらないローン借り入 れ条件の厳しさや、住宅価値を正確に査定することの難しさ、さらに危 機的な経済問題の対策をめぐる政局行き詰まりは引き続き住宅市場の回 復を妨げている」と続けた。

一戸建て販売の現況指数は51で変わらず。向こう6カ月の販売見通 し指数は49と、前月の50から低下した。購買見込み客足指数は37と、前 月の36から上昇した。全米4地域のうち、西部と南部の2地域で指数が 上昇し50を上回った。

原題:Homebuilder Confidence in U.S. Held in January at Six-Year High(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE