ECBノボトニー氏:ユーロの対ドル相場、懸念材料ではない

欧州中央銀行(ECB)政策委員会 メンバー、オーストリア中銀のノボトニー総裁は16日、ユーロのドルに 対する現在の為替水準を個人的に懸念材料とは見なしておらず、ユーロ が長期的に上昇し続けるとも思わないと発言した。

ノボトニー総裁はウィーンで記者団に対し、「為替レートの短期的 な変動を過大評価すべきではない」と述べ、「より長期的な傾向になる とは思っていない。従って、私の見方によれば、主要な懸念材料ではな い」と言明した。

原題:ECB’s Nowotny Says Euro-Dollar Exchange Rate ‘No Major Concern’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE