香港株(終了):ハンセン指数、続落-中国の不動産対策懸念

香港株式相場は下落。ハンセン指数 が続落した。中国の温家宝首相が中国本土に不動産税を設けるべきだと の認識を示したことを受け、不動産株を中心に値下がりした。

中国建設省傘下の不動産開発会社、中国海外発展(688 HK) は0.8%安。同業のハンルン・プロパティーズ(恒隆地産、101 HK)も 安い。中国銀行(3988 HK)など銀行株も下落した。

一方、中国のインターネット企業、テンセント・ホールディングス (騰訊、700 HK)は2カ月ぶり高値に上昇。同社の株式投資判断をゴー ルドマン・サックス・グループが「買い」に据え置いたことが好感され た。上場初日の不動産開発会社、金輪天地(1232 HK)は21%高で引け た。

ハンセン指数は前日比24.52ポイント(0.1%)安の23356.99で終 了。ハンセン中国企業株(H株)指数は同0.8%安の11907.52。

AMPキャピタル・インベスターズの資産配分責任者ネーダー・ナ イエミ氏(シドニー在勤)は「中国が不動産価格の大幅上昇に非常に敏 感になりつつある。健全な展開ではないからだ」と指摘。不動産抑制措 置が講じられるだろうと予想した。

原題:Hong Kong Stocks Fall for Second Day on China Property Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE