12年のビール類出荷8年連続で過去最低、アサヒは3年連続首位

ビール大手5社が発表した2012年の ビール類の出荷量は前年比1.0%減の4億3811万ケース(1ケースは大 瓶20本換算)となり、8年連続で過去最低を更新した。夏の天候不順な どが響いた。市場シェア首位はアサヒビールで、3年連続。

内訳では、ビールが同0.3%減の2億2045万ケース、発泡酒が 同7.9%減の6265万ケース、第3のビールが同1.1%増の1億5502万ケー スだった。

ビール類市場シェアでは、アサヒが37.5%で首位。キリンが35.6% で2位、サントリーが14.2%で3位、サッポロが11.8%で4位だった。

11年に比べアサヒが0.4ポイント、キリンが0.6ポイント、シェアを 落とした一方、主力ビール「ザ・プレミアム・モルツ」が好調だったサ ントリーは0.9ポイント、サッポロは0.2ポイント、シェアを伸ばした。

取材協力: --Editor:

参考画面:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE