日銀基金の固定金利オペ、再び札割れ-応札額6470億円

日本銀行がこの日に実施した資産等 買い入れ基金による固定金利オペは、応札額が予定額を下回る札割れと なった。前日の同オペは7回ぶりに札割れを回避したが、追加緩和観測 を背景に応札が減少した。

日銀発表によると、3カ月物の同オペは予定額8000億円に対して、 応札額は6470億円となり、全額が落札された。同オペは1月18日にスタ ートし、4月23日に期日を迎える。

同オペでは昨年12月から今月11日まで6カ月物が実施されて、6回 連続で札割れとなっていた。15日には3カ月物が実施されて、1兆380 億円の応札があり、札割れを回避していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE