クライスラーとフィアット、「ジープ」で中国の提携先と合意

米自動車メーカー、クライスラー・ グループと同社に過半出資するイタリアのフィアットは、中国市場向け にスポーツ型多目的車(SUV)「ジープ」を生産するため、合弁事業 パートナーである広州汽車集団と暫定合意に達した。

発表資料によると、暫定合意書の調印はミシガン州のクライスラー 本社で行われた。ジープ部門の責任者、マイケル・マンリー氏は今週、 米デトロイトの北米国際自動車ショーでインタビューに応じ、今回の合 意は中国政府と地方政府の審査が必要で、承認後2年以内の発売を目指 すと説明した。

クライスラーとフィアット両社の最高経営責任者(CEO)を務め るセルジオ・マルキオンネ氏はジープについて、世界の主力ブランドの 1つと位置付ける。ミシガン、イリノイ、オハイオ各州工場でのジープ 生産に、中国やロシア、イタリアでの自社SUVの生産を加えること で、ジープ事業を拡大する計画だ。

原題:Chrysler, Fiat Reach Accord to Make Jeeps With Chinese Partner(抜粋)

--取材協力:Mark Clothier.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE