オバマ米大統領、銃規制強化策を16日発表-議会が一部反対も

オバマ米大統領は16日、包括的な銃 規制強化策を発表する。この中に盛り込まれる殺傷能力の高い攻撃用銃 器の販売禁止は、国民の過半数が支持しているものの、議会での反対に 直面する可能性もある。

ホワイトハウスのカーニー報道官によると、銃規制強化策の発表に は、オバマ大統領とバイデン副大統領のほか、コネティカット州の小学 校で先月起きた銃乱射事件後に大統領に手紙を書いた子ども達も参加す る。発表はホワイトハウスで現地時間午前11時45分(日本時間17日午前 1時45分)に行われる予定。

カーニー報道官は銃規制強化策の内容を明らかにすることを控えて いるものの、他の当局者によれば、大統領は銃器購入者全員に対する身 元調査や、大容量弾倉の禁止を求めるという。

匿名を条件に語ったこの当局者によると、精神衛生に関する調査や 学校の安全対策の強化、暴力的な映画やビデオゲームなどの影響への対 応、銃犯罪に関する政府の情報収集能力の改善なども包括策に含まれ る。

原題:White House Assault-Gun Ban Has Critics as Public Backs It (3)(抜粋)

--取材協力:Roger Runningen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE