【海外アラカルト】ユニバEの岡田氏をFBIが捜査も

通り。

日本のパチスロ機メーカー、ユニバーサルエンターテインメントの 岡田和夫会長は米連邦捜査局(FBI)の捜査に直面していると、フィ リピン娯楽賭博公社のクリスティノ・ナギアット会長がインタビューで 明らかにした。同会長はまた、フィリピン法務省も岡田氏に対して同国 でのカジノライセンス取得の経緯などについて調査していると述べた。 ナギアット会長によると、FBIは岡田氏のライセンス取得のプロセス に関する情報などを求めているという。ユニバーサルの広報担当者は電 話取材に対し、われわれは不正な行為には関わっていないとコメントし た。(16日)Philippine Authority Says Okada Faces FBI Probe on Permit (1)

視界の中に閃光(せんこう)などが見えるオーラと呼ばれる症状を 伴う片頭痛に悩む女性は、心臓発作や脳卒中のリスクが高い恐れがある ことが、米国神経学会が約2万8000人の女性を対象に実施した最新調査 で分かった。こうした片頭痛は高血圧に次いで心臓発作などの病気を招 くリスクが高い個別要因という。今回の調査の対象となった女性のう ち、1435人にオーラの症状が見られた。(15日)Heart Attack Risk in Women Linked to Some Migraines, Study Finds

イランは来月のイスラム革命を祝う祭日の期間に、国産ロケットで サルを宇宙に送る計画だ。同国宇宙機関のファゼリ長官が国営メヘリ通 信に明らかにした。有人宇宙計画の一環で、サルはライフカプセルに入 れられ国産ロケット「カボシュガル」で軌道に投入される。イラン は2009年に初の国産人工衛星を打ち上げ、その1年後には国産ロケット での衛星打ち上げに成功。衛星にはカメやネズミなどが載せられてい た。ファゼリ長官は、イランが5年以内に有人宇宙飛行に成功する可能 性があると話した。(15日)Iran to Send Monkeys Into Space During Revolutionary Celebration(抜粋)

来館者数が世界最多の仏ルーブル美術館の次期館長に外国人が就任 する可能性がある。実現すれば、200年以上の歴史を持つ同美術館にと って初となる。仏当局者によると、予算の縮小に直面するオランド大統 領は次期館長の候補者に外国人を含む広範な候補から人選する方向だと いう。同大統領は今年の文化省の予算を2.3%削減した。次期館長の重 要な資質として外国からの資金援助獲得能力が挙げられている。現館長 のアンリ・ロワレット氏は昨年12月17日、館長として5期目の任期は目 指さない考えを示している。(15日)Louvre May Get Foreigner as New Chief as Hollande Budget Shrinks

元自転車ロードレース選手のランス・アームストロング氏は14日、 トーク番組司会者のオプラ・ウィンフリー氏とのインタビューで、初め て公にドーピング違反を認めた。ウィンフリー氏が「CBSディス・モ ーニング」で明らかにした。インタビューのもようは17、18日に放映さ れる。アームストロング氏は既にツール・ド・フランスで獲得した大会 7連覇のタイトル剥奪と自転車競技からの永久追放処分を受け、米ナイ キなどとのスポンサー契約も打ち切りとなっている。同氏はこれまで13 年にわたり、薬物使用を否定してきた。(15日)Lance Armstrong Said He Cheated With Drugs, Winfrey Says (1)

米資産運用会社グッゲンハイム・パートナーズは15日、新設したデ ジタルメディア部門の責任者にロス・レビンソン氏を起用したと発表し た。発表資料によれば、同氏は米ヤフーの暫定最高経営責任者 (CEO)を務めた経歴を持ち、入社後は新たなメディア企業の取得・ 投資を手掛けるグッゲンハイム・デジタル・メディアを統括する。(15 日)Guggenheim Hires Yahoo’s Levinsohn as Digital Media Unit CEO (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE