欧州:昨年12月の新車販売、約2年ぶりの大幅減-ACEA

欧州の昨年12月の新車販売台数は約 2年ぶりの大幅な減少となった。南欧の景気低迷で米フォードやゼネラ ル・モーターズ(GM)、フランスのルノーへの需要が落ち込んだ。

欧州自動車工業会(ACEA)が16日発表した12月の新車販売は83 万8428台と、前年同月の99万7842台から16%減った。欧州連合(EU) 加盟国27カ国にアイスランドとノルウェー、スイスを加えた市場におけ る2012年の年間販売台数は前年比7.8%減の1250万台となった。

ユーロ圏経済がリセッション(景気後退)に陥る中で、自動車メー カー各社は7月以降に計3万人の従業員削減を発表している。

12月の減少率は2010年10月(17%減)以来最大。先月の業界全体の 販売台数は、EU加盟が04年半ば以後の国を除く西欧市場で前年同月 比15%減の78万1830台となった。同地域の年間販売は前年比8.1%減 の1180万台と、1995年以来の低水準を記録した。

メーカー別では、フォードの12月の欧州販売台数は前年同月比27% 減、GMグループも27%減。仏プジョーシトロエングループ(PSA) とルノーは共に19%減となった。欧州最大の乗用車メーカー、ドイツの フォルクスワーゲン(VW)は15%減った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE