ブラジル株:ボベスパは1週間ぶり高値から反落-OGX安い

15日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が1週間ぶり高値から反落。原油相場安を受けて石油会 社OGXペトロレオ・エ・ガス・パルチシパソンエスが売られたほか、 世界経済の成長は足踏みしているとの懸念から鉄鉱石生産最大手のヴァ ーレも値下がりした。

OGXは3%、ヴァーレは0.3%それぞれ下落。ナシオナル製鉄 (コンパニア・シデルルジカ・ナシオナル、CSN)も1.8%安。ブラ ジルの貿易相手国の成長鈍化は商品輸出を損なうとの懸念が響いた。世 界最大の鶏肉輸出会社、ブラジル・フーズ(BRF)は3%値下がり し、6カ月ぶり大幅安。取締役会メンバーの指名をめぐって株主間で対 立があるとブラジル紙バロール・エコノミコが報じたことが嫌気され た。

ボベスパ指数は前日比0.6%安の61727.61で終了。通貨レアル は0.2%安の1ドル=2.0358レアル。

ヘッジファンド、テオリカ・インベスチメントス(リオデジャネイ ロ)のパートナー、ロジェリオ・フレイタス氏は電話取材に対し、「フ ァンダメンタルズ(基礎的諸条件)や世界各国の状況から、経済成長が 極めて鈍いことが見て取れる」と指摘。「株式相場の支えにならない展 開だ」と述べた。

原題:Bovespa Index Retreats From Week High as OGX Follows Oil Lower(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE