米大統領:歳出削減と結び付ける交渉には応じず-債務上限で

オバマ米大統領は14日、連邦債務の 法定上限引き上げ問題では共和党が求める交渉に応じないと明言した。 共和党が要求する赤字削減については、債務上限問題とリンクさせない 形で協議することを提案した。

オバマ大統領は、現在の16兆4000億ドル(約1460兆円)の債務上限 が引き上げられない場合は経済への打撃に加え、社会保障や軍人給与な ど政府の支払いが滞ると警告。議会は行動すべきだとした上で、共和党 は国を人質に取っていると批判した。

大統領はホワイトハウスで記者会見し、債務上限引き上げを歳出削 減と結び付けようとする共和党の戦術について、「米国民の頭に銃口を 突き付けるような交渉には応じない」と発言。「経済破綻の回避と引き 換えにした身代金を彼らが受け取ることはないだろう」と強調した。

原題:Obama Vows No Debt-Limit Negotiations as Deficit Talks Loom (1)(抜粋)

--取材協力:Kasia Klimasinska、Ian Katz、Leslie Hoffecker.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE