米国トヨタ販売CEO:「カムリ」のリード堅持、販売増加へ

米国の乗用車販売台数で昨年、11年 連続首位となったトヨタ自動車の中型セダン「カムリ」は、ホンダやフ ォード・モーターの競合車に対するリードを今年も堅持すると、米国ト ヨタ自動車販売のジム・レンツ最高経営責任者(CEO)は述べた。

2011年後半にフルモデルチェンジしたカムリの昨年の販売台数 は31%増加し40万4886台と、過去4年で最高だった。レンツCEOは14 日、デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーでインタビューに応 じ、米国の自動車需要がここ数カ月と同じペースなら13年の販売は増え るとの見方を示した。

レンツCEOは「カムリは首位にとどまるだろう。この分野は成長 の可能性があると引き続き考えている」とし、「ホンダやフォードがこ の分野で伸びる余地だけでなく、当社が販売台数を維持する余地も十分 にある」と語った。

トヨタの13年の「トヨタ」と「レクサス」、「サイオン」の3ブラ ンドの米国販売目標は約6%増の220万台。

原題:Toyota’s Lentz Vows to Keep Camry’s Lead Over Accord, Fusion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE