ボストン連銀総裁:緩和継続を支持-成長は3%近くに加速へ

米ボストン連銀のローゼングレン総 裁は記録的な金融緩和の継続を支持する一方で、最大3%近くへの成長 加速を予想した。

同総裁は15日、ロードアイランド州プロビデンスで講演。事前原稿 によると、「金融緩和の継続が適切であることに疑いの余地はなく、実 際、われわれがインフレと雇用という2つの責務の両方で目標を達成で きないと予測されている限り、必要なことだ」と述べた。

同総裁は「インフレ率は現在、われわれが目標とする2%を幾分下 回っており、失業率は長期的に持続可能な水準を大きく超えている」と 語った。

米金融当局者らは景気てこ入れ・失業率押し下げのための債券購入 をいつまで続けるか検討している。ローゼングレン総裁は緩和継続を呼 び掛ける一方で、景気について楽観的な見通しを示し、低金利政策の効 果で住宅および自動車販売が今年増加すると予想。「世界的な財政不均 衡から生じる逆境に対し、経済を混乱させるような解消方法が取られな い限り、下期の成長率は3%に近づくと予想している」と述べた。

ローゼングレン総裁は29、30日の連邦公開市場委員会(FOMC) 会合から議決権を得る。

原題:Fed’s Rosengren Backs Easing While Predicting Faster Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE