スペイン証券入札:目標上回る額を発行-落札利回りも低下

スペイン政府は15日に入札を実施 し、12カ月物と18カ月物の証券、計57億5000万ユーロ(約6800億円)相 当を発行した。目標上限は55億ユーロだった。

12カ月物の平均落札利回りは1.472%と、昨年12月11日の入札時 の2.556%に比べ低下。18カ月物は1.687%(昨年12月は2.778%)だっ た。

応札倍率は12カ月物が2.21倍(昨年12月は2.46倍)、18カ月物 が2.71倍(同2.7倍)。スペイン銀行(中央銀行)が明らかにした。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が国債購入計画を示して以 降、スペイン債は値上がりしている。パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)のポートフォリオマネジャー、トニ ー・クレセンツィ氏は11日のブルームバーグテレビジョンとのインタビ ューで、期間5年以下のスペイン債とイタリア債を購入しているとし て、ECBの約束があるため安心感があると指摘していた。

原題:Spain Beats Maximum Target at Bills Sale as Borrowing Costs Fall(抜粋)

--取材協力:Jeevan Jyothyprakash、Levent Kucukreisoglu、David Bartolomemartinez、Ben Sills、Todd White.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE