中国株(終了):上海総合指数、7カ月ぶり高値-利益見通し好感

中国株式市場で、上海総合指数は約 7カ月ぶり高値に上昇。シティグループが企業利益は底入れしたとの見 方を示したほか、国信証券が利益回復を予想したことが好感された。

上海市で電力の3分の1を供給する上海電力(600021 CH)が4.1% 高。同社は昨年の利益について80%増との概算を示した。北方導航控制 技術(600435 CH)や中国東方紅衛星(600118 CH)など、政府による国 内カーナビシステムの利用義務付けで恩恵を受ける銘柄が上昇した。

一方、米アップルへの納入業者である歌爾声楽(002241 CH) は1.7%安と、上場来高値を付けていた前日から下げに転じた。中国最 大の海運会社傘下のCOSCOシッピング(中遠航運、600428 CH)も 安い。

珩生鴻鼎資産管理の戴明ファンドマネジャー(上海在勤)は「経済 が緩やかな回復軌道にあるほか、当局は外国人の投資拡大を容認するな ど引き続き積極的な政策を打ち出しており、市場の地合いは極めて強 い」と指摘。「調整局面があるとしても、その幅は大きくない可能性が 高い」との見方を示した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比13.94ポイント(0.6%)高の2325.68と、 昨年6月1日以来の高値で終了。上海、深圳両証取のA株に連動してい るCSI300指数は同0.7%高の2595.86。

原題:China’s Stocks Advance to Seven-Month High on Earnings Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE