アジア株:上昇、日銀の金融緩和への期待で-オリンパス高い

15日のアジア株式相場は上昇。 MSCI指数はこのままいけば、終値ベースで2011年8月以来の高値と なる。日本株が高い。日銀の白川方明総裁が力強い金融緩和を推進して いく方針を示したことが好感された。

オリンパスが上昇。ゴールドマン・サックス・グループが株式投資 判断を「買い」に引き上げた。オーストラリア最大のサーフウエアメー カー、ビラボン・インターナショナルは16%高。米VFとアルタモン ト・キャピタル・パートナーズから買収提案を受け取ったことが手掛か り。

一方、韓国のLGディスプレーはソウル市場で3.5%安。アップル がスマートフォン(多機能携帯端末)「iPhone(アイフォーン) 5」の生産を減らしているとの日本経済新聞の報道を受けて、アップル 関連の供給業者が軒並み下落した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時43分現在、前日 比0.2%高の132.46。

ペンガナ・キャピタルで運用に携わるティム・シュローダーズ氏 (メルボルン在勤)は「総じてアジア株は今後1年間に上昇するだろ う」と予想。ただ、「短期的に米債務上限をめぐる協議は市場が直面し なくてはならない大きな問題で、相場の圧迫要因となるだろう」と指摘 した。

原題:Asian Stocks Climb as Japanese Exporters Gain; Olympus Jumps(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE