日銀地域経済報告:9地域中8地域が下方修正-前回10月に続き

日本銀行が15日午後に公表した地域 経済報告(さくらリポート)によると、昨年10月の前回調査に続き、全 国9地域のうち8地域が景気判断を下方修正した。

海外経済の減速した状態が続いていることなどを背景に、多くの地 域が「弱含みとなっている」「弱めの動きとなっている」などとしてい るほか、東北、九州・沖縄でも「回復の動きが一服している」、「全体 として横ばい圏内の動きを続けている」としている。北海道は「持ち直 しの動きが続いているものの、一部に弱めの動きがみられている」とし て、前回の判断を据え置いた。

日本銀行の白川方明総裁は同日開いた支店長会議の冒頭であいさつ し、全国の景気について「輸出や鉱工業生産は、海外経済の減速した状 態が続いていることなどから、減少している。このため、企業の業況感 は、製造業を中心に慎重化している。設備投資は、非製造業に底堅さが みられるものの、全体として弱めとなっている」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE