MS「サーフェス」の販売見通し、半分に引き下げ-UBS

UBSのアナリスト、ブレント・シ ル氏は、米マイクロソフトの10-12月(第2四半期)の利益見通しを従 来から引き下げた。パソコン(PC)および新タブレット型端末「サー フェス」の需要の弱さを挙げた。

シル氏は14日のリポートで、年末商戦後の「悲観的なセンチメン ト」を理由に、10-12月のサーフェスの販売見通しを半分の100万台に 引き下げた。1株当たり利益(EPS)見通しは8セント引き下げて76 セント。

マイクロソフトは当初、サーフェスの販売を自社店舗約60店に限 定。また、サーフェスは、アップルのタブレット型端末「iPad(ア イパッド)」やグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載 する端末からあまり顧客を奪えなかった。シル氏は、今月発売される見 通しのビジネス向け新タブレット型端末「サーフェス・プロ」につい て、アイパッドとよい良い競争となる可能性があると指摘した。

原題:Microsoft Surface Estimate Cut in Half to 1 Million Units at UBS(抜粋)

--取材協力:Lisa Rapaport.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE