企業倒産は91年以来の低水準、中小企業支援策が効果-商工リサーチ

東京商工リサーチが15日発表した全 国企業倒産状況によると、2012年の倒産件数は前年比4.8%減の1 万2124件で、1991年(1万723件)以来最少となった。金融機関に対し 中小企業向け融資の返済猶予を促す中小企業金融円滑化法(返済猶予 法)などに伴う資金繰り支援効果があったと同社はみている。負債総額 は3兆8346億円だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE