米デルの社債保証コストが急上昇-非公開化で投資会社と協議

14日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、パソコンメーカーのデルの社債保証コスト が急上昇。身売りして株式を非公開化する可能性についてプライベート エクイティ(PE、未公開株)投資会社と協議していると伝えられたこ とに市場が反応した。

CMAによると、デルの5年物CDSスプレッドはニューヨーク時 間午後5時17分(日本時間15日午前7時17分)現在、83ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)上昇の286bp。北米企業の信用リスクの 指標であるマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは約2週 間ぶりの大幅上昇となった。

株式非公開化に向け協議していることを受け、デルが借り入れを増 やす可能性があるとの懸念が高まっている。事情に詳しい関係者2人が ブルームバーグ・ニュースに明らかにしたところによると、協議はまだ 予備段階にあり、資金調達手段を確保できないことなどもあり得るた め、合意に至らない可能性もある。

ブルームバーグの集計によれば、マークイットCDX北米投資適格 指数のスプレッドは、ニューヨーク時間午後5時51分現在、2.4bp上 昇の89.6bp。4.6bp上げた昨年12月28日以来最大の上昇幅となっ た。

原題:Dell Credit-Default Swaps Surge on Buyout Talks; Bonds Tumble(抜粋)

--取材協力:Julia Leite.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE