米デルが非公開化で投資会社と協議、週内発表も-関係者

米パソコンメーカーのデルは、株式 の非公開化に向けた自社買収の可能性についてプライベートエクイティ (PE、未公開株)投資会社と協議している。事情に詳しい関係者2人 が明らかにした。これを受け、デルの株価は急上昇した。同社は昨年、 株式時価総額の3分の1近くを失っていた。

協議が非公開だとして匿名を条件に関係者の1人が語ったところに よると、デルは非公開化に向けてTPGキャピタルとシルバーレークと 協議しており、今週中にも合意が発表される可能性がある。ただ、両関 係者によると、必要な資金調達手段を確保できない可能性や、将来どの ように投資から手を引くかを決められないことにより、交渉決裂もあり 得るという。

関係者の1人によると、すでに大手の銀行数行が資金調達に関して 接触を受けたという。パソコン業界3位デルの時価総額は11日現在 で189億ドル(約1兆6900億円)。

株式を非公開化すれば、デルは四半期ごとに一般株主の監視にさら されることなく、成長てこ入れと競争への対応の加速に取り組むことが できる。

協議についてブルームバーグが報じたのを受け、デルの株価は14 日、13%高の12.29ドルで取引を終えた。デルの社債価格は1年7カ月 ぶり安値に下落。クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で は、同社の社債保証コストが急上昇した。

デルの広報担当者デービッド・フリンク氏はコメントを避けた。

デルは、当時19歳のマイケル・デル最高経営責任者(CEO) が1000ドルを元手にテキサス大学の寮で1984年に創業した。部品から組 み立て、競合他社より低価格で消費者に直接販売する手法で業界トップ に成長したが、2006年にヒューレット・パッカード(HP)に首位の座 を明け渡し、最近では消費者向け市場でアップルなどとの競争に苦戦し ている。

デルCEOが同社株を15.7%保有していることが、エクイティファ イナンスをまとめやすくしていると関係者1人は指摘した。

デルCEOの純資産は137億ドルと、ブルームバーグのビリオネア 指数によると65位。同CEO率いる投資会社MSDキャピタルは約90億 ドルを運用している。こうした資産の一部を非公開化に必要な資金調達 の支援に充てることも可能とみられる。

原題:Dell Is Said to Be in Buyout Talks With Private-Equity Firms (4)(抜粋)

--取材協力:Aaron Ricadela、Peter Burrows、Tom Giles、Dina Bass、Tara Lachapelle、Miles Weiss.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE