欧州株は今年10%上昇も、国債の妙味低下-BNPとアムンディ

欧州ではソブリン債の投資妙味が低 下する中で、株式が今年最大10%の上昇となりそうだと、フランスの大 手資産運用会社であるBNPパリバ・インベストメント・パートナーズ とアムンディはみている。

BNPパリバ・インベストメント・パートナーズ(運用資産6550億 ドル=約58兆円)のクリスチャン・ダーグナット最高投資責任者 (CIO)は、欧州株が今年8-10%上昇すると見込んでおり、先月に はスペイン株とイタリア株を買い始めた。アムンディ(運用資産9480億 ドル)の株式グローバル責任者、ロマン・ボシエール氏(パリ在勤) は、「2桁台前半」の上昇を予想し、景気循環株へのエクスポージャー を拡大している。

ダーグナットCIOは電話取材で、「通常の状態に戻すため、周辺 国の株式を買い戻している。イタリアとスペインの全ての企業は質にか かわらず資金調達コストで悪影響を被った。そうした状況が改善してき ており、今後も続くだろう。それはこうした銘柄の再評価に有利に働 く」と述べた。

欧州中央銀行(ECB)と米連邦準備制度理事会(FRB)が刺激 策を発表する中で、ストックス欧州600指数は昨年、3年ぶりの高水準 となる14%上昇を演じた。一方、スペインの10年国債利回りは7月24日 に付けた高値から264ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低 下。イタリア10年債利回りも同期間に244bp下がった。

ボシエール氏は電話取材で、「われわれは新興市場にかかわりのあ る企業を好む。だから楽観的だ。欧州企業は世界とかかわりがある。昨 年の状況はその証拠だ」と述べた。

原題:Europe Stocks May Rise 10% This Year, BNP Investment, Amundi say (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE