プラートECB理事:銀行監督移管の予定表は「極めて野心的」

欧州中央銀行(ECB)のプラート 理事は、銀行監督の責務を来年4月1日までにECBに移管する計画は 「極めて野心的」だと述べた。

プラート理事はブリュッセルでの記者会見で、ECBは新たな責務 を引き受ける準備に集中的に取り組んでいると説明。「かなり膨大な作 業だ」とし、「うまくいけば」14年4月1日に間に合うよう準備が整う だろうと語った。

同理事によると、欧州連合(EU)当局者は銀行破綻管理に関する 個別の提案について協議するため14日に会合した。

プラート理事は、銀行破綻コストを負担する際の債権者の明確な 「序列」を確立する必要があると指摘。欧州の救済基金である欧州安定 化メカニズム(ESM)は、破綻銀行の清算を支援する役割を果たすこ とが可能だとの認識も示した。

原題:ECB’s Praet Says Bank Oversight Timetable ’Very Ambitious’ (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE