ブラジル株:ボベスパ指数は上昇-商品高で資源株に買い

14日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が1週間ぶり高値に上昇。日米の中央銀行が景気てこ入 れに向けた追加策を講じるとの見方から商品相場が上昇し、資源株が買 われた。

石油会社OGXペトロレオ・エ・ガス・パルチシパソンエス は3.7%高と、ボベスパ指数の上げに最も貢献した。同指数に占める寄 与度が最も大きい鉄鉱石生産最大手のヴァーレも0.6%上昇。ブラジル 銀行は3.7%値上がり。同行幹部が先週、米フロリダ州とニュージャー ジー州での買収の可能性をにらんだ交渉を進めていることを明らかにし たことが材料視された。

ボベスパ指数は前週末比0.9%高の62080.79で終了。今月の上昇率 は1.9%に拡大した。指数構成銘柄のうち上昇が50銘柄、下落は19銘 柄。通貨レアルは0.1%高の1ドル=2.0313レアル。

証券会社クレア・コレトラのアナリスト、フェルナンド・ゴンエス 氏(サンパウロ在勤)は電話インタビューで、「リスク志向が強まって おり、株式市場にとって好材料だ」と指摘。「国外の見通しも改善して おり、ボベスパ指数に対する現在の楽観的な見方は当面続くだろう」と 述べた。

原題:Bovespa Stock Index Advances as Stimulus Speculation Lifts OGX(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE