トヨタ、12年の販売台数は世界一に返り咲き-GMから奪還

米ゼネラル・モーターズ(GM) の2012年の世界自動車販売台数は07年以降で最高となったが、トヨタ自 動車の予想販売台数970万台には及ばなかった。

GMの発表によると、12年の世界販売台数は2.9%増の920万台余 り。13日に発表したVWは907万台だった。これは、トヨタが販売台数 で世界一の自動車メーカーに返り咲く可能性が高いことを意味する。ト ヨタは11年に、東日本大震災やアジア地域で起きた災害が影響し首位か ら転落していた。

調査会社LMCオートモーティブの予測担当シニア・バイスプレジ デント、ジェフ・シュスター氏は「トヨタは11年に陥った苦境から確実 に回復した。しかも回復の動きは業界の予想よりも力強かった」と指摘 した。

トヨタが前回GMから首位を奪った08年当時、GMは経営破綻に向 かってした。しかし、今回は09年の会社更生手続きに基づく事業再編の 成功で、GMは11四半期連続で黒字を計上するなど好業績を続けてい る。

ダン・アカーソン最高経営責任者(CEO)は14日、デトロイト自 動車ショーで「ちょうど1年前に述べたように、販売面では必ずしもナ ンバーワンにこだわっていない。われわれは、それよりも利益ナンバー ワンを目指しており、ここに焦点を合わせている」と表明した。

原題:GM, VW Global Sales for 2012 Trail Toyota’s Forecast for Year(抜粋)

--取材協力:Dorothee Tschampa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE