中国政府系ファンド:米国債への依存低下へ-日本には慎重

中国の政府系ファンド(SWF)、 中国投資(CIC)の楼継偉会長は、米国の景気回復で同国の金利は上 昇するとし、米国債への「過度な依存」を低減させる考えを明らかにし た。

楼会長は14日、香港で開かれたフォーラムで、CICは好リターン のインフラや製造業、不動産を含む安定した投資収益が見込まれる資産 を増やしつつあると説明。また欧州は依然リセッション(景気後退)リ スクを抱えているとしたほか、CICは日本への投資に「極めて慎重」 だとも述べた。

楼会長は「米国では景気が回復しており、金利が上昇し国債の価値 が低下するのは単に時間の問題だ」と指摘。「よってCICのアプロー チは、米国債の購入を限定的にすることだ。安定リターン、絶対リター ンの得られる株式や他の資産を増やし、米国債への依存度を低下させた いと考えている」と述べた。

原題:China’s CIC Seeks to Cut Reliance on U.S. Debt, Chairman Says(抜粋)

--取材協力:Zhang Dingmin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE