ドイツ銀行のボーナス、欧州では最大20%削減を検討-関係者

ドイツ銀行は投資銀行のバンカー の2012年ボーナスを、欧州で前年比最大20%減らすことを検討してい る。ニューヨークでの削減幅はこれより小さい見込みだという。事情に 詳しい関係者4人が明らかにした。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、欧州・中東・アフリ カでは削減幅は10-20%で、より好業績の地域や人材獲得の競争が激し い地域ではそれより小幅な削減になる。計画は暫定的でまだ変更の可能 性があるという。

報酬と業績の連動性を高めることを一部当局が求める中で、ドイツ 銀は収益力向上のため報酬を減らすとともに上級幹部の報酬システムを 見直している。ただ、同業者が同様の措置を取らない場合、優秀な人材 が流出する恐れがあると、アンシュー・ジェイン共同最高経営責任者 (CEO)は述べていた。

エクイネットのアナリスト、フィリップ・へシュラー氏は「ドイツ 銀は昨年の利益が減少したのでボーナス減額は当然」だが、「良い年に も報酬の比率を下げられるかどうかが興味深い問題だ」と話した。

関係者によれば、ドイツ銀は今月中にもボーナス額を決定し一部従 業員に通知し始める見込み。また、前年同様に即時・現金支払いのボー ナスに上限を設定する可能性もあるという。同行は31日に12年通期決算 を発表する。

ドイツ銀の広報担当、ロナルド・ワイヒェルト氏はボーナスについ てコメントを控えた。

原題:Deutsche Bank Said to Consider Up to 20% Bonus Cuts in Europe(抜粋)

--取材協力:Serena Saitto、Matthew Monks、Annette Weisbach.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE