アップル株がほぼ1年ぶり安値、アイフォーン減産との報道で

14日の米株式市場でアップルの株価 が11カ月ぶりの安値に下落した。低調な需要を背景に同社がスマートフ ォン(多機能携帯端末)「iPhone(アイフォーン)」の生産を減 らしていると、日本経済新聞が伝えたことが嫌気された。

日経が匿名の部品メーカ-幹部の話として報じたところによれば、 アップルは1-3月に発注する「アイフォーン5」用液晶パネルを当初 計画の6500万台分から約半分に減らした。UBSのアナリスト、スティ ーブン・ミルノビッチ氏とJPモルガン・チェースのマーク・モスコウ ィッツ氏によると、減産は昨年12月から広く指摘されていた。

ミルノビッチ氏は14日付リポートで、在庫調整や需要減を背景にア ップルは先月、製品を約3割減産したと指摘。モスコウィッツ氏は同日 付の顧客向けリポートで、サプライヤーの生産能力が上がったことか ら、アップルが部品の余剰注文を行う必要が後退していることも発注減 の一因のようだと分析した。

アップル株の終値は前週末比3.6%安の501.75ドルと、昨年2月15 日以来の安値に下落。昨年9月の高値からは28%下げている。

アップルの広報担当者ベサン・ロイド氏(英国在勤)はコメントを 求める電話取材にこれまでのところ返答していない。アップルに部品を 供給しているシャープとジャパンディスプレイ、台湾・鴻海精密工業は いずれもコメントを控えた。

原題:Apple Drops on Report IPhone Production Cut: San Francisco Mover(抜粋)

--取材協力:Lisa Rapaport、Argin Chang、Chisaki Watanabe、Debra Mao.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE