インド株(14日):2年ぶり高値、利下げ観測で-銀行株高い

14日のインド株式相場は上昇。指標 のセンセックス30種指数は2年ぶり高値を付けた。ソフトウエアと銀行 銘柄が高い。インフレ率が予想を下回ったことから、インド準備銀行 (中央銀行)が政策金利を引き下げるとの観測が高まった。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種は前週末 比242.77ポイント(1.2%)上昇の19906.41で終了。終値ベースで は2011年1月6日以来の高値となった。

11日発表の決算で利益が予想を上回ったインフォシスは9カ月ぶり 高値。時価総額で国内3位の銀行、ICICI銀行は約2年で最も高い 水準となった。

昨年12月の卸売物価指数(WPI)は前年同月比7.18%上昇。ブル ームバーグがまとめたエコノミスト34人の調査中央値では7.37%の伸び が見込まれていた。インド中銀は29日に政策決定会合を開く。過去5会 合では政策金利を据え置いた。

原題:India’s Stocks Climb to Two-Year High on Rate-Cut Speculation(抜粋)

--取材協力:Rajhkumar K Shaaw.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE