中国株(終了):上海総合指数、1カ月ぶり大幅高

中国株式市場で、上海総合指数は1 カ月ぶり大幅高となった。中国証券監督管理委員会(証監会)の郭樹清 主席が外国人投資家による証券購入を認める2つの投資プログラムにつ いて、規模を10倍に引き上げることが可能だとの認識を示したことが好 感された。

中信証券(CITIC証券、600030 CH)を中心に証券株が高い。 株式需要拡大で利益が増えるとの見通しが背景にある。河北先河環保科 技(300137 CH)は10%の値幅制限いっぱい上昇し、天士力製薬集団 (600535 CH)は上場来高値を更新。北京の大気汚染の悪化でヘルスケ アや環境保護関連の需要が高まるとの見方が背景。中国工商銀行 (601398 CH)や中国人寿保険(601628 CH)も高い。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前週末比68.74ポイント(3.1%)高の2311.74 と、昨年12月14日以来の大幅高で終了。上海、深圳両証取のA株に連動 しているCSI300指数は同3.8%高の2577.73。

交通銀行の調査部門マネジングディレクター、洪灝氏(香港在勤) は電話インタビューで、「郭主席のコメントは、政府が株式に強気にな ろうとしていることを示しており、政策のシグナルでもあることから、 極めて重要だ」と指摘。また、中国は経済成長の質を改善しようとして おり、環境技術やヘルスケアへの投資がこうした計画に適していると述 べた。

原題:China Stocks Rise Most in Month on Market Access for Foreigners(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE