日本は切り下げ競争する意思ない-中尾財務官が円安について

中尾武彦財務官は14日、円相場の下 落について、日本が「切り下げ競争」をしているわけではないと言明し た。日本の為替政策については、米金融当局者から懸念の声が出てい る。円は同日、対ユーロで一時1ユーロ=120円台を付ける円安水準と なった。

中尾財務官は香港でのフォーラムで、安倍晋三首相率いる「新政権 に通貨の切り下げ競争をする意思はない」と語った。円の下落は「それ までの行き過ぎた上昇の調整」だとの見解を示した。

安倍政権が円安による成長てこ入れ・輸出業者支援を目指せば、他 国が追随して通貨切り下げ競争を引き起こす恐れがあるとの懸念が浮 上。米セントルイス連銀のブラード総裁は10日、為替レートをめぐる日 本の姿勢について、「いわゆる近隣窮乏化政策」だと述べ、「若干困 惑」していると発言していた。

円は14日、一時1ユーロ=120円13銭と、2011年5月以来の120円台 に下落した。東京時間午後1時19分は1ユーロ=119円93銭、1ドル89 円58銭。

中尾財務官はデフレ脱却の決意に関する安倍首相の「強い発言」だ けが円安の原因ではないと指摘。欧州の安定と米経済回復の兆候、米国 の歳出削減・増税を延期する暫定的な合意も要因だと分析した。

原題:Japan Sees No ‘Competitive’ Devaluation as Yen Breaks 120 a Euro(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE