ゴールドマン:英従業員向けボーナス支給先送り検討-関係者

米ゴールドマン・サックス・グルー プは、過去数年分の英従業員向けボーナスの一部支給を英国の所得税の 最高税率が引き下げられる4月6日以降に先送りするかどうか検討して いる。計画について説明を受けた関係者1人が明らかにした。

まだ決定していないことを理由に同関係者が匿名で語ったところで は、支給延期の対象となる可能性があるのは2009と10、11年のインセン ティブ報酬(奨励給)の繰り延べ分と、税率が50%から45%に引き下げ られる従業員の手当。12年のボーナスには影響しないという。

ゴールドマンの広報担当マイケル・デュバリー氏はコメントを控え た。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は13日、ゴールドマンがボ ーナス支給を先延ばしするかどうか検討していると報じていた。

原題:Goldman Said to Weigh Delaying U.K. Bonuses From Prior Years (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE